長谷川弁護士
弁護士長谷川 裕雅 Hiromasa Hasegawa第一東京弁護士会

早稲田大学卒業後、朝日新聞記者。事件記者として夜討ち朝駆け。
刑事弁護士として捜査段階からの豊富な弁護経験。刑事事件に記者として弁護士として関わってきた。
早朝の依頼で昼過ぎに飛行機で現地入りするなど、軽いフットワーク。

趣味は沖縄の離島めぐり。
特技は買い物袋での熱帯魚釣り。
ハワイなどの高級リゾートは未経験だが、最近ウクレレを始める。

服部弁護士
弁護士服部 梢 Kozue Hattori第一東京弁護士会

小学校の卒業文集に綴った夢を実現し弁護士に。
名古屋大学法学部法律・政治学科卒業。
名古屋生まれ名古屋育ち。弁護士登録を契機に東京へ。
幼少時からのクラシックバレエと、学生時代に励んだ剣道部の早朝稽古のおかげで、背筋は常に床と垂直を保つ。
偉人の心理を力強く描写する塩野七海の世界に憧憬し、未踏の地イタリアに思いをはせる。得意料理はパスタ。
大きくしなるも元の位置に必ず戻る竹の姿に、自分の考えを持ちつつ柔軟性を失わない大切さを学んでいる。

加藤寛久
弁護士加藤 寛久 Tomohisa Kato第一東京弁護士会

東京都出身。東海大学法科大学院卒業。
中学・高校時代は、陸上部に所属し長距離ランナーとして体力と精神力を養った。
大学は薬学部に入学。卒業後は薬剤師として調剤薬局に勤務。患者さんが抱える様々な不安やトラブルに接し、弁護士となることを決意。
趣味は競馬観戦と旅行。中央競馬・地方競馬を問わず赴き、パドックの馬体を自分の目でチェックする。好きな馬はホッカイルソー。城跡や寺院などの史跡巡りにも出かける。

久保田真美子
弁護士久保田 真美子 Mamiko Kubota東京弁護士会

明治大学法学部、中央大学法科大学院修了。
「医者は命を救う仕事だが、弁護士は人生を救う仕事である」
高校生で読んだ本に感化され、この仕事を志した。
趣味は献血で、人の役に立つために、人生で30回以上。
献血後に貧血で倒れたことも。
幼少から母の実家である沖縄で長期休暇を過ごす。
三線は沖縄で裁判官と一緒に習い始めた。

元検察 松井正広
提携弁護士(元検察官)松井 正広 Masahiro Matsui松井法律事務所 代表(群馬弁護士会所属)

新潟、宇都宮、東京、埼玉の各地方検察庁検事。
捜査部及び公判部において、捜査段階から裁判段階まで刑事事件を一貫して担当。
交通事件において埼玉県の量刑基準策定を担当。
現在、群馬県や栃木県、茨城県、新潟県などの北関東の刑事事件において弁護士として活動。
検察官時代に培った刑事裁判での最終的な立証相場から、捜査機関は何を考えているかを逆算。
どのような捜査が行われているか、次にどのような捜査が行われるかを、的確に指摘できる稀有な刑事事件弁護士。

コメント:東京永田町法律事務所 
代表 長谷川 裕雅

「弁護人を務めた2件の刑事事件で、担当検事として捜査に当たっていたのが松井検事でした。

1件は結果的に、不起訴の主張が認められず罰金刑になりました。明らかに罰金以上の刑が相当な事件でしたが、私の出した不起訴相当の意見書を、時間をかけて検討してもらいました。相場からかけ離れた処分の要請でしたが、事件の特殊性と死因の検討に真摯に応じてくれました。何時間もかけて県境まで出張して大学教授の意見を聴取し、できる範囲で詳細に報告をしてくれました。松井検事から処分理由に関する合理的な説明を受けたため、依頼者にも納得のいく説明ができました。

もう1つは否認事件で、最終的に証拠不十分で不起訴になりました。お互いにクリスマスも正月も返上しました。接見で取り調べがあったことを確認するたびに、絶対に諦めない敵を畏怖しました。大みそかにも警察署で取り調べがありました。松井検事がいたからこそ、最後まで自分も諦めずに刑事事件の弁護活動を続けることができました。依頼者や被害者のために力を尽くす。正しい結果を追求する。松井検事が私を、本物の法曹にしてくれました。

望んだ結果を達成できた事件とできなかった事件。だいぶ前の事件ですが、どちらもよく覚えています。
松井弁護士と再び、今度はともに依頼者のために、正しい結果を追求できることを喜んでいます。」

法律監修ドラマ

・TBS「99.9 -刑事専門弁護士-」(松本潤、榮倉奈々、香川照之)
・NHK「ドラマ10 聖女」(広末涼子、岸部一徳、田畑智子、田中要次)
・フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」(高島礼子)
・フジテレビ「金曜プレステージ 鬼女」(藤山直美、夏川結衣、田中美佐子)など