よくある質問まとめ

03-5532-1112

警察から呼び出された方の無料相談
電話 10分無料/来所 30分無料

少年犯罪誰にでもよく分かる罪名別ガイド

少年犯罪

少年事件はこちら

少年事件の総論

少年法の目的は、少年の健全な育成、非行少年の矯正、保護処分を行うことにあります。
少年とは20歳に満たない者をいいます。
非行行為時に18歳未満であった少年に対して死刑を科すことはできず、14歳未満であった少年に対しては刑事責任に問うことすらできません。

少年事件の類型

少年事件の近年の傾向

警察庁の統計によると、刑事事件において少年による犯罪の検挙人員で最も多いのが窃盗(61.6%)で、次いで、横領(遺失物等横領を含む)が高いです(平成21年度)。

少年事件の量刑に影響を及ぼす事情

少年の家庭環境、前科前歴の有無などです。

少年事件の取調べの例

少年が刑事事件を起こして逮捕された後、刑事や検察官の取調べを受けます。それが終わると、家庭裁判所へ連れて行かれます。最終的には裁判官が審判という場で少年の処分を決めます。
少年の処分を決めるに当たって、審判の前に少年を少年鑑別所に入れることもあります。少年鑑別所では、少年の性格や考え方などを調べます。

成人の刑事事件とは異なり、家庭裁判所から「調査官」という人物が面会に訪れます。少年や少年の親から話を聞いたり、弁護士の意見を聞いたりして、どのような処分がいいかの意見を書類にまとめ、裁判官に提出します。
裁判官は、少年の処分を決める際に、この調査官の意見を非常に重視しています。

調査官は、主に事件のことを調べる刑事や検事とは異なります。少年を処罰するために来るわけではありません。
なぜ刑事事件を起こしたのか、少年の今後の生活をどうしたらよいかを考える人です。
不貞腐れた態度やふざけた態度をとることなく、素直な態度で事実をきちんと述べるようにしましょう。

少年事件の示談相場

少年の起こした刑事事件の内容によって異なります。
基本的には、少年に示談金を支払う能力はないため、少年の法定代理人である親が支払うことになります。

弁護士による少年事件の弁護方針

弁護士としてまずは、身体拘束が最小限で済むように弁護方針を検討します。
被害者のいる犯罪であれば弁護士を介した示談が重要です。

ページトップへ