よくある質問まとめ

03-5532-1112

警察から呼び出された方の無料相談
電話 10分無料/来所 30分無料

罪名別Q&Aよくある質問まとめ

窃盗Q&A

万引きで息子が逮捕されてしまいました。万引きでも刑事事件として逮捕されるものなのでしょうか?

万引きでも仲間と組んで組織的に行うものや、高額の商品を複数盗むなど、転売目的がはっきりとしているもの、逃走を図ったものは刑事事件として逮捕されることもあります。

万引きで警察に連れて行かれたのですが、必ず刑事裁判になるのでしょうか?

検察官が刑事事件を起訴するか否かを判断することとなりますが、被害者との示談の成立の可否や犯行態様、前科前歴の有無等を判断して不起訴とされる場合もあります。不起訴となれば刑事裁判にはなりません。
特に、万引き事件については現行犯での検挙が原則です。たとえばすでに盗んだ商品をロッカーに入れていたりすると、盗んだという証明を確実にできるか微妙であるため不起訴になることもあります。また、衣類をトイレに持ち込んだ時点で逮捕された場合は、盗んだ物品が下着などのポケットに入りきってしまうようなものは窃盗既遂になりますが、コートのような大きなものは未遂であると考えられ、いずれにせよこれから清算するつもりだったという言い訳が有り得る微妙な場合には、仮に逮捕されたとしても不起訴となる可能性もあります。

刑事事件の中でも万引き事件の場合には示談ができにくいと聞きましたがどうしてでしょうか?

チェーン店での万引きの場合は、本社の法務部が対応します。この場合は刑事事件によって対応が異なると公平性を害するという理由で、一律に刑事裁判前は示談に応じないとしている場合が多いからです。一方で個人商店が被害店舗の場合は、示談交渉も考えられます。示談ができない場合は商品の買い取りをお願いして、被害弁償が済んでいることを情状として主張することもあります。

お店が被害者ではない窃盗の場合、示談することはできますか?

性犯罪の刑事事件など被害感情が強い犯罪に比べると、窃盗事件では比較的示談はしやすいように思います。

被害者が被害届を取り下げてくれた場合、刑事事件として罪にはなりませんか?

窃盗は親族間で行われた場合でない限り親告罪ではないので、被害届取下げをもって刑事事件が終了するわけではありません(親告罪で告訴が取消された場合には刑事事件は終了します)。
それまでの前科前歴や、犯行態様等から考慮して、悪質であれば警察がさらに捜査を進めることはあり得ます。
しかし、被害者が被害届を取下げた場合、捜査も終了するのが通常です。

会社の備品を勝手に持ち出してしまい、懲戒免職になる予定です。会社の処分の後に刑事事件として逮捕されるのでしょうか?

会社が刑事事件とするつもりがあるか否かの確認が必要なようです。
会社にとっては、社員が逮捕されたとなれば不名誉ですし、杜撰な管理体制が明るみに出るといった意味でも刑事事件化することを嫌う場合もあります。
親族間の窃盗ではないので親告罪ではありませんが、会社が被害届を出さない限り警察が刑事事件を知り得ることは難しいと思います。会社が警察に通報しなければ刑事事件にはならずに前科等がつかずに終わることになるでしょう。

刑事事件の中でも窃盗罪の場合、簡易な手続で罰金刑となって終わることもありますか?

強盗や詐欺、横領と異なり、窃盗罪には罰金刑の定めもあります。被告人の同意があれば略式裁判で罰金とすることも可能です。
ただし罰金刑でも前科にはなりますので、前科がつくかどうかを気にされる場合は注意が必要です。詐欺や横領では不起訴となるような刑事事件でも、窃盗の場合には、検察官が積極的に略式裁判による罰金刑にしようとする場合があります。

刑事事件において弁護士に依頼するのは早い方が良いのでしょうか?

基本的には早い方が良いでしょう。
弁護士が示談交渉等を迅速に行うことによって、起訴されずに済むような場合もあります。

刑事事件における窃盗とは財物を盗むことです。

お店のコンセントにつないで携帯電話の充電をしていたのですが、刑事事件において電気の窃盗に当たりますか?

窃盗罪にあたります。刑法245条に「電気は財物とみなす。」という規定があります。電気は財物にあたりますので、財物である電気を窃取すれば窃盗罪になります。

電気メーターの指針を逆回転させて電気料金の支払を免れました。刑事事件において電気を窃盗したことになるのでしょうか?

電気窃盗ではなく、詐欺罪が成立します。

情報を盗んだだけでも刑事事件における窃盗になりますか?

情報そのものは刑事事件における窃盗罪の客体である財物にはあたりませんが、情報が載っている媒介物は財物になります。刑事事件の判例でも、大学入試の問題用紙や製薬会社の開発情報ファイルのコピー用紙、信用金庫の預金残高明細、住民基本台帳閲覧用マイクロフィルム等が財物とされています。

機密情報を、持参したコピー用紙にコピーして持ち出した場合には刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になりません。コピー用紙は自分のものですから、情報そのものを窃盗罪の客体である財物としない以上、刑事事件における窃盗は成立しません。

機密情報を会社のコピー用紙にコピーして持ち出す場合は刑事事件における窃盗になりますか?

重要な情報が載っているコピー用紙は財物といえるので、刑事事件における窃盗が成立します。

機密情報が載っているファイルを持ち出して自分のコピー用紙に複写して返却した場合は刑事事件における窃盗になりますか。

窃盗になります。たとえすぐに返却するつもりで一時的に持ち出したにせよ、窃盗罪成立に必要な、自分が所有者として物を支配しょうとする不法領得の意思も認められます。

ラブレターを盗んだ場合でも刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になりえます。窃盗罪の客体である財物であるためには、社会通念上、刑法的保護に値する財産的価値がなければなりません。しかしこれは緩やかに解釈され、所有者や占有者の主観的価値でもかまいません。ラブレターはただの紙切れではなく、所有者にとっては価値のあるものと考えるのが通常ですので刑事事件における窃盗罪が成立します。

使用済みの乗車券を盗みました。使用済みであることから既に価値はなくなっているはずですが刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になりえます。主観的・感情的に価値を有するものについても財物性が認められます。乗車券は使用済みではあっても記念としての価値を有するものですので、刑事事件の裁判例は財物として窃盗の成立を認めています。

はずれ馬券を盗んだ場合でも刑事事件における窃盗になりますか?

はずれ馬券は、それ自体なんらの使用価値も認められず、他人の手に渡って悪用されるというものでもありません。そして、通常はレース終了後に所持者によって投げ捨てられるものであって社会通念上客観的価値も主観的価値も認められません。よって財物ではないとして刑事事件における窃盗は成立しません。

ちり紙を何枚か盗んだ場合でも、刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗にはなりません。窃盗罪の客体である財物であるためには、社会通念上、刑法的保護に値する財産的価値がなければなりません。刑事事件の裁判例によると列車の発車時刻をメモした紙片1枚や、汚れたちり紙13枚、パンフレット2枚が入った封筒などは財物とはいえないので刑事事件における窃盗が成立しないとされています。

パチンコ玉を盗んだ場合でも、刑事事件における窃盗になりますか?

パチンコ遊戯により取得したパチンコ玉は更にその他の遊戯に使用し得るほか、これを店に提出して相当金額の商品と交換することができるものです。このような権能を有するパチンコ玉はそれ自体経済的価値を有するものであって財物となりえます。

覚せい剤を盗みました。刑事事件における窃盗にあたりますか。覚せい剤は所持が正当化されないのでそのようなものを盗んでも窃盗にならないのではないのですか。

窃盗になります。窃盗罪をはじめとする財物奪取罪は、人の財物に対する事実上の所持を保護するものなので、覚せい剤など所持を禁じられた物でも窃盗罪の対象になるというのが裁判所の考え方です。このほかに禁制品として考えられるものは、法令上所有・所持が禁止されているわいせつ文書類、あへん煙、麻薬、毒薬、劇薬、銃砲刀剣類などがありますが、いずれも同様に、刑事事件における窃盗罪の客体である財物にあたると考えられています。

死体を盗みました。刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になりません。葬祭対象物については、刑法190条(死体損壊等)に「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する」と規定されています。従って、刑事事件としては窃盗罪ではなく190条のみが成立することとなります。

遺体とともに棺に納められた高価な宝飾品を盗みました。刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になりません。棺内蔵置物がかなり高価な物であったとしても、それはもっぱら宗教上の儀式、慣習に従い葬祭、礼拝の対象物として埋葬されたものであって、所有権も放棄された状態であるとみることができますので、刑事事件としては窃盗罪ではなく、前述の刑法190条のみが成立することとなります。

医学上の標本用の死体を盗みました。刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗になります。死体、遺骨なども、葬祭・礼拝の対象としての性質を失えば、財物となりえます。

電車にただで乗車しました。刑事事件における窃盗にあたりますか。

窃盗にはあたりません。刑事事件における窃盗罪は財物を窃取する罪です。電車にただ乗りした場合には、役務の提供させたことになり、財産上の利益を窃取したことにはなるのですが、財物を窃取したことにはなりません。そして財産上の利益を窃取しても窃盗罪にはなりませんので、電車のただ乗りは刑事事件における窃盗にはあたらないのです。

駐輪場で自分の自転車と間違えて他人の自転車に乗って帰ってしまい、その後も他人の自転車であることに気付かず使用していました。警察官に職務質問された際に、自分の乗っている自転車が他人のものであることが判明したのですが、刑事事件における窃盗罪になるのでしょうか?

自分の自転車であると信じていたのならば、窃盗の故意がないので刑事事件における窃盗罪は成立しません。
ただし、明らかに色・形の異なる自転車であった場合には、自分の物だと思っていたと主張しても認められないでしょう。

刑事事件における窃盗とは他人が占有している他人の財物を盗むことです。

自分が貸していた自分の自動車を借主が返してくれないので引きあげたところ、窃盗になるといわれました。自分の物を取り返しただけなのに刑事事件における窃盗になるのでしょうか?

窃盗になります。刑事事件における窃盗は他人の財物を盗むことですが、刑法242条により、自己の財物であっても他人が占有していれば刑法上は、他人の財物になってしまいます。そして窃盗罪は所有権を保護するものではなく、占有を保護するものと考えられていますので、たとえ自分の所有物でも、他人が占有しているものを引き上げれば他人の占有を侵害したことになり、窃盗罪が成立することになります。

飲食店でアルバイトをしており、辞める際に、それまでの給与を自分で計算し、売上金から抜き取って貰いました。労働の対価として正当なものであると考えていますが、刑事事件における罪になるのでしょうか?

売上金はお店のものであるので、給料分のお金を自分で勝手に取ってしまったことは、刑事事件における窃盗罪か横領罪になります。アルバイト店員とのことですのでおそらく占有権限は認められておらず窃盗罪になるでしょう。

近所で飼われている犬が路上をフラフラしていたので、勝手に連れて帰ってきました。刑事事件における窃盗になるのですか?

窃盗になります。人が飼っている犬は窃盗罪の客体である財物にあたります。そして放任していても飼い主のもとに帰る習性をもつ犬は、飼い主の手元を離れていても、飼い主の占有があるとみなされます。

置きっぱなしのカメラがあったので持って帰ろうとしたところ、警察に見つかってしまいました。窃盗罪が成立するといわれましたが、落ちていたものなので刑事事件における窃盗罪が成立するのでしょうか。

置きっぱなしのカメラの状況により、窃盗が成立する可能性があります。窃盗が成立するためには他人が占有する財物を窃取する必要がありますが、他人が占有していると言えるためには他人が占有の意思に基づき財物を事実上支配している必要があります。これらは総合判断であり、刑事事件の判例では、バスを待つ行列が移動する間に置き忘れたカメラは、所有者との間の距離が約20メートルであれば所有者による占有が認められるとしています。よって、このような状況のカメラを窃取すれば刑事事件における窃盗罪が成立します。

ゴルフ場の人工池に落ちているロストボールを盗みましたが、刑事事件における窃盗罪になりますか。

窃盗になります。ゴルフ場の人工池に落ちているロストボールは、ゴルフ場の支配人の占有下にあります。

電車の車両の中の忘れ物をネコババしてしまいましたが、刑事事件において窃盗になりますか?

窃盗ではなく、占有離脱物横領になります。所有者は一般的には電車を降りて時間も経っており、忘れ物を支配しているとは言えないでしょう。さらに一般人の立ち入りが容易である電車内の忘れ物は、電車の車掌の占有下にあるとはいえません。したがって誰の占有下にもないので、刑事事件において占有離脱物になりますから窃盗にはなりません。

アルバイトとして働いていた店で、商品を盗みました。刑事事件において窃盗罪が成立しますか。横領罪にはならないのですか。

窃盗罪が成立します。
お店の店主や店長、店員のように、上下関係が存在している団体で、財物が盗まれた場合、財物の占有が誰にあったかが問題になります。財物の占有が盗んだ者にあれば横領罪が、財物の占有が盗んだ者以外にあれば窃盗罪が成立する可能性があります。事例にもよりますが、通常は下位の者に占有が認められることはめったにありません。占有は上位者に属し、財物を実際に手で触って管理していても、下位者は上位者の占有を補助している者と考えられます。
刑事事件の判例では、商店員が店主に無断で商品を持ち出す行為や、倉庫番が倉庫内に保管されている物品を持ち出す行為に対し、窃盗罪が成立しています。ただ、集配中の郵便物の占有は集配人に属しているという判断もなされており事案に則した判断が必要となります。
窃盗罪と横領罪では、窃盗罪が10年以下の懲役または50万円以下の罰金なのに対して横領罪は5年以下の懲役と、横領罪として起訴されるほうが被告人にとって有利ですので、窃盗罪と横領罪の限界事例では窃盗ではなく横領であると主張することもあります。

友人と共同で管理している物を盗みました。刑事事件において窃盗罪が成立しますか。

窃盗が成立します。対等の地位にある者が共同で占有している場合は、どちらも刑法上保護されるべき占有を有するので、一方が他方を侵奪するのは窃盗罪になります。

鍵のかかった鞄を預かっていましたが、鞄をそのまま全部盗んでしまいました。刑事事件において窃盗罪が成立しますか。横領罪が成立しますか。

横領罪が成立します。
封をされた荷物の保管を依頼された場合に、荷物全体の占有者は誰か、荷物の中身の占有者は誰かが問題となります。刑事事件の判例は荷物全体の占有は受託者(預かった人)にあり、荷物全体を領得すれば横領罪になります。荷物の中身については、わざわざ封をしていることから占有は委託者(預けた人)にあり、預かった人が中身だけを抜きとった場合には窃盗罪になるとしています。

荷物全体をネコババすれば横領罪になるのに対し、中身だけを抜き取ればより法定刑の重い窃盗罪になってしまうことから刑のバランスが取れないともいわれています。

刑事事件における窃取とは、占有者の意思に反して財物に対する他人の占有を排して自己または第三者の占有に移すことです。その方法・手段に制限はありません。

ブティックで試着した服を、店員に対してトイレに行くと偽って持ち逃げしましたが、窃盗罪が成立するのでしょうか。だまして物をとっているので刑事事件における詐欺罪ではないでしょうか。

詐欺罪ではなく窃盗罪が成立します。刑事事件における詐欺罪は詐取行為を禁じるもので、単に人を欺く行為を禁じているのではありません。刑事事件における詐欺罪が成立するための欺く行為は、相手方がだまされて財産の処分行為をしてしまうような現実的危険性が必要です。この事例では、人をだましていることは事実なのですが、だます行為によってだまされた人が処分行為、すなわち財物を交付するということにつながっていません。店員は、トイレに行くことを許しただけで服を持って行っていいとは言っていません。窃取にあたってだます行為が行われても、被害者の意思に反して窃取が行われれば窃盗になります。

自動車販売会社で、添乗員がいなければ試乗車を乗り逃げしようという意図の下、購入客を装って見積書に虚偽の住所・氏名等を記載し、試乗を装い乗り逃げした場合で、自己で給油をしたりしてのべ3日間で175kmにわたり同車を乗り回した場合、刑事事件における窃盗になりますか?

窃盗ではなく詐欺が成立します。添乗員を付けずに試乗を認めた時点で、同車に対する占有が被害者の意思により被告人に移転していますので窃盗にはなりません。

留守番をしている母親に、子供が通りで車にはねられたと告げて、母親があわてて外に飛びだしたすきに屋内の財物を盗んだ場合、刑事事件における詐欺罪になりますか?

詐欺罪ではなく、窃盗罪が成立します。この事例では、人をだましていることは事実なのですが、だます行為によってだまされた人が処分行為、すなわち財物を交付するということにつながっていません。窃取にあたってだます行為が行われても、被害者の意思に反して窃取が行われれば窃盗になります。

刑事事件における窃盗の着手時期は窃盗の予備罪が処罰されない以上、重要な問題です。財物についての他人の占有を侵害する行為が開始された時点ですが、客体の性質・形状・窃取行為の態様、犯行の場所などが関係します。

住居に侵入して窃盗をしようとしたところ、成功する前につかまってしまいました。住居侵入だけではなく、刑事事件における窃盗罪に問われるのでしょうか。

つかまった時点で物色行為が開始されていれば窃盗未遂になります。刑事事件においては物色行為が開始された時点が窃盗の着手になります。刑事事件の判例では、犯人が店舗内において懐中電灯で店内を照らし、電気器具の積んであることがわかったが、なるべく現金を盗みたいと思い店内煙草売場のほうに行きかけた時点で窃盗の着手を認めています。

スリをしようと思ったのですが、成功する前につかまってしまいました。どのタイミングから、刑事事件において窃盗罪に問われるのでしょうか。

つかまった時点でポケットの外側に手を触れていれば窃盗未遂になります。いわゆる当たり行為は、単に相手方の財物の所持を確認するためになされるもので、窃盗の着手とはされません。もっとも当たり行為かどうかの区別がつきにくいことから、実務ではスリ事犯は既遂に達した時点での現行犯逮捕が原則とされています。

倉庫に侵入して物を盗もうと思ったのですが、成功する前につかまってしまいました。どのタイミングから、刑事事件において窃盗罪に問われるのでしょうか。

つかまった時点で侵入を開始していれば窃盗未遂になります。倉庫内の財物の窃取は、窃盗の目的で侵入を開始した時点で実行の着手があるとされています。倉庫には監視の目がなく、財物が存在していることが通常ですので、侵入する行為があれば財物についての他人の占有を侵害する行為が開始されたといえるからです。

駐車している車の中に置いてあるものを盗もうと思ったのですが、成功する前につかまってしまいました。どのタイミングから、刑事事件における窃盗罪に問われるのでしょうか。

刑事事件においてつかまった時点でドアを開けたりガラスを破壊していたりすれば窃盗未遂になります。車上狙いは、自動車内への侵入行為を始めた時点が着手とされます。

刑事事件における窃盗はいったん既遂に達すると、つかまって財物が所有者のもとに戻っても、既遂として未遂に比べて重く処罰されます。そこで刑事事件において既遂時期が重要な問題になります。

スーパーでガムをズボンのポケットに入れて万引きをしようとしたところ、窃盗でつかまってしまいました。レジを通る前なので刑事事件における窃盗は未遂罪にならないのでしょうか。

窃盗既遂罪になります。
刑事事件において窃盗が未遂にとどまるか既遂に達するかの区別は、抽象的な言い方をすると他人の占有を排して財物を自己または第三者の事実的支配下に移したかどうかによって決まります。具体的には財物の性質・形状、被害者の財物に対する占有状態、窃取行為の態様などを考慮して判断します。小さなものの場合には、身に付けた時点で窃盗既遂となり、大きなものやそのままでは搬出が困難なものであれば売り場の外に持ち出した時点で既遂に達します。
ガムであれば、ポケットに入れた時点で自己の支配下に移したことになりますので窃盗罪は既遂になります。

スーパーで商品をかごに入れてレジの外側のカウンターに置いたところでつかまりました。刑事事件における窃盗は既遂でしょうか。

窃盗既遂罪になります。

スーパーマーケットのように客自身が店舗備え付けのかごの中に商品を入れてレジで精算するシステムを採用しているところでは、店がレジを清算するまでは客が商品をかごに入れて保持することが許容されている以上、盗むために商品をかごに入れてもそれだけでは既遂に達しません。レジを通過せずに外側に出たり、各階で精算するシステムであるのに清算せずに他の階に移った時点で窃盗が既遂になります。
店員の監視から完全に脱しなくても、スーパーで商品をかごに入れてレジの外側のカウンターに置けば、代金を支払ったのと外見上区別できないので窃盗の既遂となります。

クリニックの玄関先に止めてあった自転車を表通りまで持って行ったところで警察官につかまりました。刑事事件における窃盗は既遂になっていますか。

窃盗既遂罪になります。

自転車や自動車については、直ちに発車させて逃走しうる状態におけば既遂になります。

刑事事件における窃盗罪は状態犯なので既遂に達した後も違法状態は続きますが、その後の目的物の処分は新たな法益を侵害しない限り犯罪ではありません。

財布を盗んだ後に中に入っていた現金を使ってしまいましたが、これは財布を盗んだことと現金を盗んだことで2つの窃盗になるのですか?

刑事事件における現金の入った財布を盗んだ窃盗1罪のみが成立し、現金を使ったことは犯罪ではありませんので新たな窃盗にはなりません。
刑事事件における窃盗が既遂に達した後に犯人が目的物を損壊したり費消したりしても、器物損壊罪や横領罪にはなりません。
そもそもこの場合は「現金いくらいくらが入った財布を盗んだ」として、現金も被害品の中に入れられるので、窃盗犯人の意識とは違い、現金を盗んだことは財布を盗んだ時点で評価され尽くしています。

盗んだ財布を捨ててしまいましたが、刑事事件における器物損壊罪になりますか?

財布を捨てたことは、財布を盗んだ時点で窃盗として評価され尽くされているので、器物損壊罪にはなりません。

盗んだ財布の中にキャッシュカードが入っていたので、適当に暗証番号を入れたところATMから現金が引き出せました。刑事事件における窃盗は何回したことになるのでしょうか?

窃盗は2回したことになります。財布を盗んだ時点で財布の持ち主を被害者とする窃盗罪が、銀行で現金を引き出した時点で銀行のATMの管理者(支店長)を被害者とする窃盗が別途成立します。

盗んだ財布の中に預金通帳と印鑑が入っていたので、銀行でお金を引き下ろしました。銀行でお金を引き下ろしたことは刑事事件における別の窃盗罪になりますか。

銀行でお金を引き下ろしたことは、窃盗罪にはなりませんが新たに詐欺罪になります。財布の持ち主を被害者とする窃盗とは別に、銀行(支店長)を被害者とする詐欺罪が成立します。

嫌がらせ目的で物を盗ったと話したところ、刑事さんがどういうつもりで物を盗ったのかを取り調べでこだわって聞いてきます。どうしてですか?

窃盗が成立するのに必要とされる不法領得の意思があったということを、刑事事件の自白調書に残したいからです。刑事事件における不法領得の意思は、自分のものとしてずっと使おうという気持ちと、盗んだ物を利用しようという気持ちをいいますが、これがないということになれば窃盗罪としては処罰できません。嫌がらせ目的で盗ったということになれば、利用しようという意思がないので、毀棄罪にしか問えずに窃盗罪には問えなくなります。

後で返すつもりで盗んだと話したところ、刑事さんがどういうつもりで物を盗ったのかを取り調べでこだわって聞いてきます。どうしてですか?

窃盗が成立するのに必要とされる不法領得の意思があったということを、刑事事件の自白調書に残したいからです。この不法領得の意思は、自分のものとしてずっと使おうという気持ちと、盗んだ物を利用しようという気持ちをいいますが、これがないということになれば窃盗罪としては処罰できません。後で返すつもりでとったということになれば、自分のものとしてずっと使おうという気持ちがないので、一時使用であるとして窃盗罪には問えなくなります。

ちょっと借りて返すつもりで自動車を盗りました。返すつもりだったので窃盗罪にはなりませんか?

原則として、一時使用目的であれば窃盗罪が必要とする不法領得の意思がないので刑事事件における窃盗罪にはなりません。ただし、自動車のように財産的価値が高い物に対しては、一時使用といっても価値の費消を伴い、自分のものとして使う気持ちがあるとされるので、刑事事件における窃盗罪になります。

刑事事件における窃盗罪は、配偶者や直系血族、同居の親族に対して犯しても刑が免除されます。

妻の財布を盗んでしまいましたが、刑事事件における窃盗になるのでしょうか?

窃盗にはなります。もっとも窃盗になり犯罪は成立するものの、親族間の犯罪に関する特例により、刑が免除されます。

親族間の窃盗事件の場合に特例で、窃盗を犯しても刑務所に行くことがないのはなぜですか?

親族間で犯された一定の財産犯については、国家が積極的に介入するよりも、親族間の処分に委ねる方が親族間の秩序維持のためにより適切であるという政策的配慮があるためです。

内縁の妻の財布を盗みましたが、刑事事件における窃盗になっても刑が免除されますか?

窃盗になり、刑は免除されません。免除を受ける者の範囲は明確に定められており、内縁の配偶者に適用または類推適用されることはありません。

親が他人から預かっていた物を盗んでしまいましたが、刑事事件における窃盗罪が成立しても刑が免除されますか?

窃盗罪が成立し刑は免除されません。所有者としてであろうが占有者としてであろうが、第三者を巻き込んだ以上は、親族相盗例は該当しません。

親のものであると勘違いして、親が他人から預かっていた物を盗んでしまいました。刑事事件における窃盗罪が成立しても刑が免除されますか?

窃盗罪が成立し刑は免除されません。
親族間であれば窃盗罪は成立するけど免除するということですので、故意がなくても刑の免除の可否には影響がありません。

刑事事件において窃盗罪の量刑に影響を及ぼす事由はどのようなことですか?

窃盗の犯行態様として重要な事由となるのが、被害金額と実行行為の回数でしょう。
次に、動機です。単なる遊びやゲーム感覚で窃盗を行うことは強く非難されます。生活に困って食べ物を盗んだ場合には、情状酌量の余地があるでしょう。
窃盗の犯行後の情状としては、示談が成立したか否か、被害弁済が行われたか否かという点も重要な要素となります。

盗品関与罪

盗品等領得物に関与する行為のうち、無償譲受け、有償譲受け、運搬、保管、処分あっせんの5種類の犯罪類型のみを処罰する旨規定しています。

窃盗を決意している者に頼まれ、盗んで来たら俺が換金してやると売却のあっせんを引き受けたときは、刑事事件における盗品有償処分あっせん罪になりますか?

この場合は、窃盗罪の幇助犯であって、盗品有償処分あっせん罪ではありません(最決昭35.12.13)

刑事事件の犯人から、盗んだ金銭で購入した物を無償で譲り受けました。刑事事件における盗品無償譲受け罪が成立しますか?

成立しません。このような場合には、盗品の物の同一性が失われているので「盗品」にあたらず、盗品関与罪は成立しません。

刑事事件の犯人から、盗んだ物を売却して得た金銭を無償で譲り受けました。刑事事件における盗品無償譲受け罪が成立しますか?

成立しません。このような場合には、盗品の物の同一性が失われているので「盗品」にあたらず、盗品関与罪は成立しません。
これに対し、盗品たる通貨を両替して得た通貨(大判大2.3.25)、盗品たる小切手を換金して得た現金(大判大11.2.28)は、物の同一性が失われないから、盗品性が存続します。

窃盗犯人が、自分で窃取した盗品を処分、保管等した場合に、刑事事件における盗品関与罪は成立しますか?

成立しません。盗品関与罪は窃盗罪に吸収され、窃盗罪のみが成立します。

盗品であることを知らずに預かり保管していて、その後盗品であることを知ったが、そのまま保管を続けた場合、刑事事件における盗品保管罪が成立しますか?

成立します。
無償で譲り受け、または買い受けた後に事情を知った場合、譲受け行為・買い受け行為について無償譲受けや有償譲受け罪とはなりませんが、盗品と気が付いたのにさらに保管を続けたことには、刑事事件における盗品保管罪が成立します。

盗品等の有償処分あっせんを行い、事情を知らない買主から代金を受け取る場合に、刑事事件における詐欺罪も成立しますか?

詐欺罪は成立しません。
盗品の有償処分のあっせんという行為の特性を考えてみると、その情を知らない買主から代金を受け取るのは、有償処分のあっせんの当然の結果であり、有償処分あっせんは本来詐欺的な要素を内包しているものと見ることができます。

親族等の間の犯罪に関する特例

配偶者との間、直系血族・同居の親族もしくはこれらの者の配偶者との間において盗品関与罪を犯した者は、刑を免除する

【参考】
第235条(窃盗)
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
第235条の2(不動産侵奪)
他人の不動産を侵奪した者は、10年以下の懲役に処する。
第242条(他人の占有等に係る自己の財物)
自己の財物であっても、他人が占有し、又は公務所の命令により他人が看守するものであるときは、この章の罪については、他人の財物とみなす。
第243条(未遂罪)
第235条から第236条まで及び第238条から第241条までの罪の未遂は、罰する。
第244条(親族間の犯罪に関する特例)
配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪、第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。
2 前項に規定する親族以外の親族との間で犯した同項に規定する罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
3 前2項の規定は、親族でない共犯については、適用しない。
第245条(電気)
この章の罪については、電気は、財物とみなす。

ページトップへ