よくある質問まとめ

03-5532-1112

警察から呼び出された方の無料相談
電話 10分無料/来所 30分無料

不祥事の発覚について

不祥事の発覚について

名誉が保持できる対応をします。

経営者個人・著名人の方にとって、名誉・名声が一番重要な財産です。
法的には全く問題のない行動であっても、スキャンダルを起こしたということでその後の活動に致命傷を与えてしまう場合があります。違法ではないという主張が、開き直りと取られないように注意する必要があります。
合法違法と適切不適切は別次元のことですし、名声を保持するためには一般人以上の責任を果たす必要があります。
情報把握・初動調査・対応方針・広報・コスト分析・想定問答作成・記者会見を含むマスコミ対応・利害関係者への対応・原因究明と再発防止策などを弁護士とともに検討することが社会的責任の核です。

不祥事の発覚について

不祥事内容が不必要に拡散する前に

危機管理・不祥事危機対応において、最も気を付けなければならないのは、内部で問題を把握する前に、記者に突撃取材をされることです。
日頃からのトラブル対策がよっぽど万全でない限り、十分な対応をすることはまず困難で、スクープとして大々的に報じられることにより世間の注目を集め甚大な損害をこうむることもあります。

外部へ情報が漏えいするパターンについて
情報発信源 外部の例

1.記者からの問合せや単独取材申し込み …電話が多い
2.一般人から一方的にタレこみ …電話だけでなくFAX、メールの場合も

情報発信源 内部の例

1.内部告発
2.関係者が記者との面談で口を滑らせた
3.多数人の関与により、重要性の認識の甘い関係者から噂的に漏洩
4.利害関係人による意図的・悪意的なリーク
5.内部関係者による重要書類・データ等の持ち出し

外部が得る発信源ごとの情報について
漏れている情報想定される情報源
捜査情報、裁判情報、行政処分、問責問題警察、検察、消防、役所、裁判所、議会、議員
最新情報、事件詳細、示談状況、交渉状況、
生活状況、交友関係、物証
当事者及び家族
性格、趣味、評判、癖、交友関係、写真友人
査問、仕事状況、人事、履歴書の内容、評判、
交友関係
所属団体、取引先
週刊誌記者が把握する事件情報記者クラブ加盟社の記者

ページトップへ